私が知っている車を高く売るための方法

車を高く売るための方法はとても簡単です。そんな簡単な方法をご紹介します。

車の下取りはなぜ安いのか?

ディーラーにて現在の愛車の下取り査定をしてもらったら、思っていたよりも安い価格になることは、よくあるケースです。なぜ、ディーラーの下取り査定価格は、安くなってしまうのでしょうか。

ディーラーで下取りされた車は、その状態によって、中古車として販売されるか、もしくは廃車にするかが決定されます。多くは中古車として販売されるのですが、その際にかかる諸経費や店舗側の利益が、買取価格より差し引かれています。また、ディーラー同士で査定価格を比較しようとしても、店舗ごとに値引きなどが考慮されているため、難しいでしょう。
下取りは、手間がかからず便利である一方、ディーラー側の都合によって買取額が決められてしまいます。こうした理由のために、下取りで愛車を高価買取してもらうのは、難しいのが現状です。ですので、買取専門店で売却する場合と比較すれば、損することが大半です。

愛車を高く売るためにはどうすればいい?

新しい車を購入する際には、現在乗っている車がはたしていくらで売れるのか、気になりますよね。

多くの人は、新しい車を購入しようとする店舗にて、今の愛車を下取りしてもらうことが多いかと思います。ですが、その下取り価格は本当に適正なのでしょうか。もしかしたら、思った以上に損をしている可能性もあるかも。

今まで大切に乗ってきた愛車なのですから、少しでも高く売ることが出来れば嬉しいですよね。新しい車への購入資金にも回せますから、いい事づくしです。
愛車を高く売るためには、まずは相場を知ることが大切です。下取り価格が相場に適正な価格かどうか、判断することができるからです。
相場を知るためには、買取業者へ買取査定をしてもらうのが一番です。ただし、自宅近所にある1店舗だけで査定を受けて判断するのは良くありません。それでは、本当の相場を知ることはできません。

相場を知ることができ、さらに高価買取まで狙えるのは、「中古車一括査定サイト」です!60秒で終わる簡単な入力だけで、複数の買取業者に一括で査定依頼することができます。あなたはその中から、一番高い買取査定額の業者を選ぶだけ。とても簡単で便利なのですよ!また、愛車を高く売るための、一番の近道でもあるのです!

愛車を高く売るためのポイント

複数の買取業者に査定を頼もう

査定してもらう業者の数が多ければ多いほど、競争が生まれて、高価買取に繋がります。さらに比較対象が増えますので、相場を把握することができますよ。

得意分野やサービスがある買取業者を探すためにも、一括査定サイトは複数利用しよう

買取業者には、輸入車に強いところ・SUVやミニバンを強化しているところ、など様々な業者が存在します。1つの一括査定サイトに申し込みするだけでは、これらの買取業者を完全に網羅できない可能性があります。少しでも多くの業者に査定してもらうためにも、複数のサイトへ申し込みをするようにしましょう。

査定依頼した業者全ての査定額を確認しよう

一番最初の店舗から提示された査定額に、満足してはいけません。必ず、依頼した全ての業者の査定額を確認してから、どこに売るか判断するようにしましょう。損をしてしまう可能性がありますよ。

おススメの中古車一括査定サイト

ズバット車買取比較

利用者が100万人以上を超えている、中古車一括サイト。老舗のサイト故に実績もあり、信頼することができますので、安心して利用することができますよ。
登録されている業者の数は、なんと220社。大手から中小、地域に密着した買取店まで、幅広い業者が登録されているのも特徴です。

ズバット車買取比較

かんたん車査定ガイド

親会社が東証一部上場をしている子会社が運営しているので、安心して申し込みすることができます。サイトには買取例も掲載されており、なんと50万円以上も差がでた車種なども紹介されているのですよ。1回の申し込みにつき最大10社から査定を受けられます。すぐに愛車の概算見積もりを出してくれるのもポイント。

かんたん車査定ガイド

カーセンサー

中古車情報誌の老舗である「カーセンサー」が提供している、中古車一括査定サイト。リクルートでの実績があるので、高価買取を期待することができます。サイトでは、買取に関する基本的な知識も学ぶことができますよ。

カーセンサー

ディーラーの下取りと買取業者の買取

下取りと買取は同じように感じられるかもしれませんが、実は大きく異なります。
下取りは、新しい車を購入することが前提となっているので、買取価格が次の車の購入価格から差し引かれます。一方の買取は、買取店でそのまま売却して、現金として受け取ることができます。下取りに比べて、高価買取が期待しやすいです。

両者にはそれぞれ、メリット・デメリットが存在します。以下、一覧で示してみました。

下取り

下取りのメリット

・下取りから購入まで手続きがスムーズ
・購入車の値引きが難しい場合に、下取り価格で調整してもらえる。

下取りのデメリット

・買取と比較すると査定額が安い
・相場が分からない

買取

買取のメリット

・下取りよりも高い値がつきやすい
・事故車や廃車寸前のものでも買取してくれる
・その車の専門店を狙えば、思った以上の値段にすることもできる

買取のデメリット

・車の購入店舗と別々なので、手続きが煩わしい

下取りと買取の査定額を比較した場合、その差はおよそ16万円も出るケースも。たとえディーラーで新しい車の購入が決まっていたとしても、中古車一括査定サイトを利用して、愛車の相場を確認してみると良いでしょう。

愛車の売却と新しい車の購入の時には書類が必要!

車を売却する場合、名義変更という手続きが必要になります。その際に必要なのが、委任状・譲渡証明書・印鑑証明書・実印などです。必要書類を一式揃えることで、売却手続きすることが可能です。
愛車の売却が決まれば、次は新しい車の購入手続きがあります。この際にも書類が必要となり、委任状・車庫証明書・実印などがあります。
これらがないと、車の売却・購入が不可能です。前もって準備しておけば、手続きもスムーズに進みます。もしも必要書類が紛失していた場合、再発行が必要となりますので、準備は万全にしましょう。

契約前にはきちんと確認しよう

売買契約書に判子を押す前に、必ず注意事項や確認事項を確認しておきましょう。

お店の営業マンは、口先では利点やメリットを述べ立てて、どうにか契約させようという思惑があります。もしも契約書を交わした後になって口約束と違う点を発見したとしても、判子を押してしまえば、契約書に従うしかありません。
こうした問題を回避するためにも、少しでも気になったところや疑問点があれば、契約前に聞いておきましょう。納得がいかない内容であれば、十分に話し合う必要があります。

後々のトラブルに発展しないよう、契約書の内容を事前にきちんと確認しましょう。納得してから契約書に判子を押すことが、なによりも大切ですよ。

投稿日:

執筆者: